WindowsでYouTubeの音声からCD作成

Debian LinuxでYouTubeの音声からCDを作成する方法は前回書きましたが、Windows XPでもCDが作れました。
まずはLinuxと同じPiyo Piyo Labs の「YouTube ダウンロード」を使いファイルを自分のパソコンに落とします。
http://www.piyo2.info/project_youtube_download/
パソコン上に”get_video”というファイルができるので、右クリックで名前を変更します。(例 fail.flv)
次にSplitFLVというプログラムをインストールします。
http://shoppers-jp.com/software/splitflv.html
このプログラムで、FLVファイルから音声のMP3ファイルが瞬時に分理できます。
次にiTunesをインストールします。iTunesのプレイリストで局を選び編集→設定→詳細のインポートを選び、インポート方法を”WAVエンコーダ”、設定を”カスタム”にして、サンプルレートを”44.100kHz”、チャンネルを”ステレオ”にしてエンコードするとCD作成可能な形式になります。
空のCDを入れ、CDに作りたいwavファイルにチェックを入れ右下の”ディスクを作成”のボタンを押せばできあがります。
著作権のある作品は、個人的な使用に限定してください。

YouTubeの音声からCD作成


動画のアップされているサイトのyoutubeですが、その音をCDに記録できないかと思い、debian linuxでできる方法を色々調べてみました。
まず、↓のサイトやダウンロードツールを使いパソコンにyoutubeの動画を落とします(windowsも可)。
http://www.piyo2.info/project_youtube_download/
この動画はFLV形式だそうなので、拡張子をflvに変更します。
FLV形式の動画を見るソフトは、VLC media playerというフリーソフトがあります↓(windows用もあり)。
http://www.videolan.org/
音声はMP3形式ですが、ffmpegで分離することができます(MS-DOS用もあり)。
# ffmpeg -i input.flv -acodec copy outoput.mp3
分離できたoutput.mp3をmpg123を用いCDに書き込めるWAV形式に変換します(windowsでは”午後のこ~だ”で可)。
# mpg123 -w – output.mp3 > output.wav
CDのサンプルレートは44100Hzで、ステレオなので、soxを用い
# sox output.wav -r 44100 -c 2 outoput1.wav resample
とすれば、後はCDに書き込めます(これはffmpegでも可能なようです)。cdrecordを使う場合は空のCDを挿入して、
# cdrecord -v speed=2 -pad dev=/dev/hdc -audio output1.wav
で可能です。
ただし、著作権のあるものは個人的な利用にとどめてください。

お雑煮


お正月なのでさっそく雑煮を作りました。
普通に作ったのでは芸がないので、ナムプラーをだし代りに少量いれたところ、こくが出て結構おいしく仕上りました。ナムプラーは近所の生協でも売っているぐらい、普通の食材になりつつあります。

えだまめのカレー


昨日から年末年始の休みですが、1日1品はカレーらしき物を作っています。今日は枝豆のカレーです。ネパールの家庭料理で、ニンニク、生姜をすりおろして、ターメリック、シナモンパウダーと油でいため、タマネギの薄切りをさらに加えしんなりするまでいためます。そこに茹でた枝豆を加え、水、塩、クミン、トウガラシ末を入れ豆が軟らかくなるまで煮ます。最後に刻みトマトを加えて数分煮て出来上がりです。塩の代わりに醤油を少し加えると美味しいかもしれません。

珍しくラーメン


ラーメンは好みの料理ではないのであまり食べませんが、頂き物なので作ってみました。といっても、麺を煮てスープに入れて具をのせて食べただけです。手間の割には美味しく頂きました。

箱に入った猫


今年はインフルエンザが流行っている様で、当院でインフルエンザの予防注射をする人が、昨年の1.5倍位に増えています。薬が今年いっぱいで無くなるのではと、薬問屋さんが心配していました。
数日前に居間に空箱を置いていたところ、いつの間にか我が家の「にゃん太」が入っていました。一見窮屈そうですが、にゃん太は気に入ったようで、暇があると箱に入っています。蓋をしてどこかに送ろうかと言うくらいに、箱にぴったりと箱に収まっています。それこそ、「黒猫○○の宅配便」です。

ガイヤーン


最近、タイ料理が気に入ったので、色々と作っています。これはそのひとつの、ガイヤーンです。たれを作って鶏肉を半日漬け焼いただけですが、たれの味がタイ料理そのものです。たれはおろしニンニク1かけ分、ナムプラー大匙2、紹興酒(清酒)大匙2、レモングラス2本、バイマックルー4枚、唐辛子末小匙2、オイスターソース小匙2を混ぜ合わせて作ります。バイマックルーとレモングラスは、東新宿のアジアスーパーストアーで買ってきました。

トムヤンクン


昨日にひきつづいてタイ料理を作りました。世界三大スープの一つとまで言われるトムヤンクンです。ネギと生姜の刻んだものを蝦のからでだしを取ったスープで煮て、後はレモングラス、バイマックルー、カーを刻んだものを入れて香りをだし、海老、しめじ(本来は袋茸)を軽く煮て最後にナムプラーとスダチで味を整えて出来上がりです。
子供に言われたのは「世界三大スープの一つにしてはあまり美味しくない。作り方が悪いんじゃないの?」と。がっかりでした。

タイカレー他


しばらく前に読んだ本「アジアパー伝」作者の鴨志田穰さんの影響で突然タイ料理を作りはじめました。
下のスープ状の料理はタイの赤いカレーです。上の焼き鳥は一応インドネシアのサテアヤムです。どちらもタイ料理材料の店で手に入りました。左の胡瓜とタマネギはナムプラーと唐辛子末を振りかけただけでしたが、思いのほか美味しくできました。
カレーは辛すぎて、残念ながら次女には不評でした。