電子カルテに切り替えました

遅ればせながら、当院も電子カルテを導入しました。
健康保険の請求は、電子化が義務化されていましたので、パソコンで作成していましたが、カルテは手書きでした。
お陰様で開業15年目に入りますが、カルテの量が膨大になり、保存スペースがなくなってきました。今年の2月に、オープンソースのOpenDolphinという電子カルテがあることを知り、使いやすい、簡単に導入できるため早速テストしてみました。
OpenDolphinはJAVAで作られているため、OSを選びません。Windows VISTAでテストしてみたところ、特に問題なく動いたため、Ubuntu、Windows7でテストして、最終的にWindows7に導入しました。
今までは、手書きカルテに記入して、レセプトデータを打ち込んでと2度手間でしたが、電子カルテに記入すればレセプトデータは自動的に作成されるため、待ち時間が短くなったのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です