新型インフルエンザについて

久しぶりに医学の話を。
新型インフルエンザがはやってきましたが、予防法について勘違いしている方が多い様です。一番の予防はインフルエンザワクチンですが、まだ手に入りません。それでは、次に効果が高い予防法はマスクでしょうか。いいえ、マスクは必ずしも必要ありません。一番予防効果が高いのは手洗いです。
マスクは、他人の咳やくしゃみの飛沫を止めることしかできません。空気中に飛んでいるウイルスは、一般のマスクは素通りします。また、表面にウイルスがついているマスクを使い続けると、ウイルスを吸い込みやすくなります。
手洗いがもっとも予防に重要だといっても、ピンとこないかと思います。インフルエンザの人が咳やくしゃみをして、飛沫のついた手で手すりやつり革、お金を触ると高濃度のウイルスがついてしまいます。そこを別の人が触れば高濃度でウイルスが手から手へ移ります。
うがいは、イソジンなど殺菌性のものは予防に使用しても意味がありません。のどにいる常在菌を殺菌してしまったり、使いつづけるとのどの粘膜が荒れてしまいます。
手洗いとうがいをしてインフルエンザの予防をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です