Debian etch からCanon iP6600Dへ印刷


LAN上のCanon PIXUS iP6600DにDebian etch から印刷する方法を以前このブログに書きましたが、今回試行してみると、うまくいきませんでした。
http://ace-host.stuart.id.au/russell/files/debian/
にetch用のiP6600Dのドライバがあるのですが、/etc/apt/sources.list に上記HPに記載してあった
deb http://www.stuart.id.au/russell/files/debian/etch ./
を追加してもエラーになってしまいます。それで、
http://ace-host.stuart.id.au/russell/files/debian/etch/ 
から bjfilter-2.6_1-1.2_i386.deb pstocanonbj_3.3-1.1_i386.deb
libcnbj-2.6_0-1.1_i386.deb の3個のファイルを探し、クリックしてダウンロードします。ダウンロードしたファイルを適当なディレクトリに集めます。例えば /home/etch/canon/ など。集めたディレクトリに移動して、
$apt-ftparchive packages . | gzip -c9 > Packages.gz
$apt-ftparchive sources . | gzip -c9 > Sources.gz
を実行して、Packages.gz と Sources.gz を作成する。
#vi /etc/apt/sources.list で
deb file:/home/etch/canon ./ を追加する。
後は、
# aptitude update
# aptitude install libcnbj-2.6 bjfilter-2.6 pstocanonbj
を実行する。あとはブラウザで
http://localhost:631/ でCUPSを開き、プリンタの追加を実行する。「説明」には 「lp1」 、「デバイス」では、LAN上のプリンターなら「LPD/LPR Host or Printer(Unknown)」を選択する。「デバイス URI:」では「lpd://192.168.xx.x/usbprinter1」の様にプリンターのアドレスを指定する。次のページでは、「または PPD ファイルを提供してください:」で「usr/share/cups/model/canonip6600d.ppd 」を指定します。ここで「プリンターの変更」をクリックすると、ユーザー名とパスワードのダイアログが出ますので、「root」 とパスワードを入力して終了です。最後に、テストページの印刷で印刷されることを確認してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です