夏ばての漢方

本日関東地方が梅雨明けしたそうですが、暑いですね。
実は「夏ばて」にも漢方治療があります。有名なところでは、清暑益気湯です。暑さで「気」が減ってしまい、食欲がなくなり下痢をしたりなどで脱水となり、体の芯に熱を持った状態にいい薬です。
また別に脱水の漢方というのもあるのですが、なぜか浮腫に良い五苓散が脱水にも効きます。ただ、汗が出ない位の脱水になると猪苓湯のほうが良いでしょう。
体力がある人の体に熱がこもった場合には、黄連解毒湯や白虎湯などを用います。熱がこもって便秘している場合には、大黄の入った、承気湯類で便秘を改善することが優先します。もちろん水分摂取が重要であるのはいうまでもありません。
夏ばても、治療を間違えると命にかかわることもありますので、どうぞご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です