いんげんとなすのカレー


先週は、福島の父が50年間続けた診療所を閉じると言うので、最後の手伝いに行ってきました。
またそれ以外の日も、年度末と新年度の手続きなどで、慌ただしい日々を過ごしていました。
今日はやっとのんびりすることができ、久しぶりにカレーを作りました。いんげんと茄子のカレーです。茄子は魚を焼くオーブンで表面が軽く焦げる程度に焼きます。焼けたら皮をむき、一口大に切ります。完熟トマトの皮をむき刻みます。いんげんは適当な大きさにきります。タマネギはみじん切りにします。後は順番に炒めるだけなのですが、サラダ油を鍋に入れ、タマネギに色が付くまで炒めます。後は、トマト、いんげん、茄子、ターメリック末、唐辛子末、黒胡椒末を入れ火が通ったらできあがりです。いんげんだけが硬いので、茹でてから料理した方がよいかもしれません。

“いんげんとなすのカレー” への2件の返信

  1. 先生、お手伝いお疲れ様でした。
    お父様先生も長い間、お疲れ様でした。
    長年使ってきた診療所の後始末に一抹の寂しさがあるのではないでしょうか。
    私は2年間、手付かずにしましたが、なんだか父が診療所で仕事をしているようで、かえってしんどかったです。
    全部後片付けをして、かえってさっぱりとしています。
    耳はおかげさまでほとんど、気にならなくなりました。
    たま~に、遠くの方でポコポコという程度です。
    お薬はまだ飲んでます。

  2. タィピィさんコメント有難うございます。
    早いですね、もう二年になるのですね。
    私の父の診療所は、少しずつ片付けているようです。
    なぜかほとんど手伝ったことがない私しか知らない物もあって、処分のしかたを話してきました。
    寂しさと、安心と両方の気持ちがあるのでしょうね。
    耳はずいぶんとよくなった様で安心しました。
    お大事にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です