WindowsでYouTubeの音声からCD作成

Debian LinuxでYouTubeの音声からCDを作成する方法は前回書きましたが、Windows XPでもCDが作れました。
まずはLinuxと同じPiyo Piyo Labs の「YouTube ダウンロード」を使いファイルを自分のパソコンに落とします。
http://www.piyo2.info/project_youtube_download/
パソコン上に”get_video”というファイルができるので、右クリックで名前を変更します。(例 fail.flv)
次にSplitFLVというプログラムをインストールします。
http://shoppers-jp.com/software/splitflv.html
このプログラムで、FLVファイルから音声のMP3ファイルが瞬時に分理できます。
次にiTunesをインストールします。iTunesのプレイリストで局を選び編集→設定→詳細のインポートを選び、インポート方法を”WAVエンコーダ”、設定を”カスタム”にして、サンプルレートを”44.100kHz”、チャンネルを”ステレオ”にしてエンコードするとCD作成可能な形式になります。
空のCDを入れ、CDに作りたいwavファイルにチェックを入れ右下の”ディスクを作成”のボタンを押せばできあがります。
著作権のある作品は、個人的な使用に限定してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です