猛暑と腹痛

久々に漢方の話を。
数年前も今年のように暑い夏でした。その年の秋は少し涼しくなり始めた頃に、腹痛と軟便を訴える患者さんがたくさん来ました。暑い夏だったために水や冷えた飲物を多量に摂り、胃腸が冷えてしまったのが原因だった様です。ほとんどの方は大建中湯で改善しました。
今年はそれ以上に暑かった様で、既に腹痛と軟便で大建中湯を処方した方がいます。今年は、腹痛が出るからとかむくむと言って水分を摂取しないと命にかかわりますので、多すぎる位の水を飲むようにしましょう。水を飲みすぎて食欲がなくなったときは、六君子湯がよいでしょう。腹痛や軟便になった場合には大建中湯の適応です。ただし、漢方薬の適応には個人差がありますので、治りにくい場合には診察を受けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です