桂枝茯苓丸

桂枝茯苓丸は漢方の中では有名で、適応の広い薬です。
「お血」といって毛細血管レベルでの血流が悪い状態を改善することが、実験でも証明されています。典型的な患者さんでは、臍の下のあたりに圧痛を伴う塊を触れます。他には唇や歯ぐきが紫色であったり、痔や静脈瘤を伴う事もあります。症状としては、冷えのぼせ、頭痛、湿疹、月経痛、打撲後のアザが消えないなどがあります。
打撲や捻挫のあとに青あざや痛みがなかなか取れない場合には思いの他よく効きます。洗剤が悪いと思っていた手の湿疹が、1ヵ月程度の服用でよくなる事もあります。また、月経や妊娠に関るトラブルにもよく用いられます。
副作用が少なく、効果が高い薬の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です