めまい

花粉症の季節ですが、花粉症と一緒にめまいを発症する人がいます。「めまい」といっても原因は様々で、漢方で治まるめまいもありますし、入院治療が必要なめまいもあります。数年前に60歳代の男性がめまいで転倒したとして、来院しました。歩いていたところ急にめまいがして足がもつれて転倒し、それ以降歩きにくいとの訴えでした。診察室内を歩いている状態はややフラフラしていて、左側の手足の筋力はやや落ちていました。近くの病院に紹介したところ脳梗塞の診断で入院となりました。また、漢方で治まるめまいも結構多くあります。めまいに有効な漢方は、苓桂朮甘湯、沢瀉湯、半夏厚朴湯、加味逍遥散、釣藤散、当帰芍薬散などが有名です。

“めまい” への2件の返信

  1. 先生こんにちは。
    この冬も、めまいのため、先生に処方していただいた沢寫のお世話になっています。おかげさまで大分収まってきました。
    突然きた場合は、以前先生に教えていただいたように、しょうが汁をお湯で溶いて飲むと、何とかその場をしのげます。(しょうがってすごいですね。リヨンにいたときも、ブラジル産のしょうがが売っていて、使っていました。)
    以前は同様の症状のとき、ちゃんと耳鼻科で診察処方してもらったのですが、耳鼻科の待ち時間3時間は辛い・・
    ついつい、先生の、沢寫に頼ってしまいます。

  2. みゆさんコメント有難うございます。めまいはなかなか治まらないタイプから、漢方が良く効くタイプなど様々です。原因としては水毒が多いため、水をさばく漢方薬を処方する事が多くみられます。沢瀉湯は沢瀉と朮の2つの生薬だけでできている処方です。どちらも水毒の治療薬で体の余分な水分を取ってくれます。生姜はめまいよりも、めまいに伴う吐き気に良く効きます。ただ、冷えから水毒になった場合には生姜は冷えを改善するので、二次的に水毒の治療になるから、めまいにも良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です