花粉症

例年、2月中旬から花粉症の患者さんか増えて来ます。どのような漢方薬が効くのでしょうか。
花粉症に有効な漢方薬で有名なのは、小青竜湯です。中程度の体力があり、くしゃみ、水様鼻汁が多量に出る場合に有効です。小青竜湯を飲むと胃が痛くなったり吐き気がする場合には苓甘姜味辛夏仁湯が良いでしょう。小青竜湯でも鼻汁が止まりにくく、手足が冷え、顔色が余りよくない場合には、桂姜棗草黄辛附湯や麻黄附子細辛湯などが有効です。
鼻汁より鼻づまりが中心で体力がある方は、葛根湯加川きゅう辛夷が有効です。麻黄の入った処方で胃がもたれる方の鼻づまりは、麦門冬湯が有効な事があります。
他にも辛夷清肺湯、越婢加朮湯、麻黄湯など花粉症で有用な処方は様々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です